コルクマット

床別のお掃除方法

マットの模様

フローリング、カーペット、畳。お家の床はいろいろな種類があります。お掃除をするとき、掃除機をかけておしまいですか?確かに今の掃除機は賢くて、床の種類に応じてブラシが動いたり吸引力が違ったりするようですが、、せっかく手間をかけて行う掃除ですから、床に応じたお掃除をしませんか?

フローリングは水拭きNG?

フローリングとは合板を使ったタイプや無垢材を使ったタイプなど、実は種類があります。でも、どんなタイプのフローリングでも、水拭き厳禁と聞いたことはありませんか?確かにフローリングは水に弱い面があります。木材が水を吸い過ぎると変形することがあったり、表面のコーティングが剥がれてしまったり。かといって、フローリングのお掃除は拭かないわけにはいかないでしょう?

フローリング拭き掃除のコツ

フローリングを拭く時、出来るだけ水分を残さないように拭くため、固く絞った薄い雑巾でささっと終わらせるのが良いですね。女性の力では固く絞れない場合は、お父さんの力を借りてギュッと絞ってください。また、窓を開けて風通しを良くしながらやるのも吉。

水拭きがだめなフローリング用のお掃除道具

最近では、モップ形式で専用のお掃除シートを交換するだけの簡単なフローリング用のお掃除道具がありますが、「水拭きがだめ」ということを知らない方も多いようですね。日々の簡単なお掃除はそれでいいと思いますが、何回かに1度は雑巾でしっかりと拭いてあげてほしいですね♪

じゅうたんはゆっくり掃除

じゅうたんやカーペットのお掃除はやはり掃除機が活躍します。しかし、毎日忙しいお母さん達は少しでも手早く家事を終わらせるためにささっと掃除機をかけている気がします。確かに何もしないよりもサッとでも掃除機をかけたほうがいいですが、じゅうたんはほこりや抜け毛が繊維に絡まって取れにくい場合があります。最近の掃除機は吸引力が強力でしっかりとゴミを取ってくれますが、それでも出来る事ならゆっくりと掃除機をかけるようにしましょう。

じゅうたん掃除のプラスアルファ

じゅうたん・カーペットには掃除機をかけただけでは取れない汚れがあります。それは汗。裸足で歩けば足の裏の汗がじゅうたんにつきますよね。パッと見で汚れているかどうかはわからなくても、よくよく考えればやはりキッチリ掃除をしておきたいところ。そこで、掃除機後のプラスアルファとしてお湯でじゅうたんを拭きましょう。とはいえ、じゅうたんが濡れていることがわかるほど水気が多いのはNG。お湯で拭く時は固く絞った雑巾を使いましょう。また、じゅうたんによっては家具の重みで足の形が残って凹んでしまうこともありますよね。それも、お湯で拭くことで水分と熱で復活することもあるようです。あまりにひどい凹みは難しいようですが、、是非ともお掃除のプラスアルファにお湯で拭くことをやってみてください。