コルクマット

床暖房とカーペットのノウハウ

リビング

友人・知人のご自宅へお邪魔した際、床暖房を採用しているお部屋だと床からぽかぽか、うらやましいですね。ただ、床暖房のお部屋ってフローリングになっていることが多く、寝転がってくつろぐにはちょっと硬くて痛いですよね。そこでカーペットを使えないかと考えた時、どんなタイプを使えばよいのでしょうか?

床暖房×カーペットの注意

床暖房には床下から電気で暖めるものや温水を使って暖めるものなどさまざまな方式があります。電気式なら温まるのが温水に比べて早かったり、温水式は温度が均一に広がるなどさまざまなメリットがあります。ただ、どちらの場合にもカーペットを使う上で注意点があります。

厚みのある一般的なカーペットはNG

フローリングの床にクッション性が欲しくてカーペットを敷くなら、厚みがあって肌触りが良いものを選びたいところ。しかし、床下から暖める床暖房にそのようなカーペットはNG。カーペットが床下からの熱を遮断してしまい暖かさが伝わりません。また、NGの理由はそれだけではなく、床暖房の熱でカーペット下にこもって暖まりすぎてしまい、使っている床材によっては反ってしまうこともあります。

どんなカーペットを使う?

では、床暖房にどのようなカーペットを使うのがよいのでしょうか?それは、ホットカーペット対応タイプ!ホットカーペットも床暖房も、下から温まるのは同じです。ホットカーペット対応タイプは熱を遮断せず通すようになっているので、熱がカーペット下にこもってしまうことがありません。

ラグマットの場合は?

広い範囲に敷くカーペットではなく、部分的に使うラグマットの場合はどうでしょうか。カーペットと同じく、あまり厚手の保温性の高いタイプは使わないほうがよいのですが、ホットカーペットに対応しているかどうかは気にしなくても一応は問題がないようです。とはいえ、薄手で大丈夫だと思ったら保温性が実は高かった・・となればやはり影響がないと言えないのと、熱効率的にはせっかくの床暖房の暖かさを直に感じることはできなくなってしまいますので注意は必要ですね。