コルクマット

子供の室内遊具の下にコルクマットを敷いたほうがいい理由

子供の室内ブランコとフローリングの相性

実は我が家には室内ブランコがあるんです。
赤ちゃんも大喜び!スイスイ遊んで楽しそうです。
けれど写真をよく御覧ください。コルクマットも何もしいていません。
フローリングにむき出しのまま、ブランコを置いてしまってるんです。
(おっと~ついでに洗濯物が散らかってますね・・・) 

室内ブランコの下にマットを敷いて保護

スポンジシールを足の裏に貼り付けいます

皆さんご存知のとおりこういった子供の室内遊具は、床にすごく負担がかかるんです。一応傷がつかないよう、スポンジシールを足の裏に貼り付けてあります。これである程度、保護できていたのですが、最近これが滑ってしまうことに気付きました。今までスポンジマットを使っていたのですが、そろそろ本格的にコルクマットを敷き詰めたほうがよさそうですね。

室内遊技場のコルクマット採用の理由

そういえば子供の室内遊技場の殆どが、スポンジマットかコルクマットを採用していますね。こけても安心というだけじゃなく床に気づかつかないようにという配慮もあるのでしょうね! あと万が一汚れても、差し替えが簡単というのもポイントの1つでしょう。施設でよく採用されているタイルカーペットも差し替えが簡単なようにタイル敷になっています。コルクマットも室内遊具をおく施設には活用していきたいものですね。