コルクマット

赤ちゃんと同じベッドで眠るときに気をつけること

赤ちゃんベッド

赤ちゃんと同じベッドで眠るなら転倒防止策をしよう

赤ちゃんの年齢にもよりますが、寝返りをするしないに関わらず、ベッドから転がり落ちてしまわないよう、枕等をおいて対策しましょう。この時、枕が軽すぎてはいけません。ある程度の重さがある枕を置いておくといいです。また、摩擦力のあるバスタオルを折りたたんで脇に置くという方法もあります。元気すぎる赤ちゃんは落ちてしまいますので、調整してくださいね。

掛け布団は軽いものを選ぼう

赤ちゃんと一緒に布団をかけることになりますので、できるだけ軽いものを選んでおきましょう。重たい布団の場合、赤ちゃんに負担になってしまいます。また赤ちゃんと布団の隙間が大きくなってしまってないかチェックしましょう。隙間が多いようなら、バスタオルを毛布代わりに赤ちゃんにだけかけてあげてください。

ベッドの床にはコルクマットをしこう

万が一転倒してしまっても衝撃がすくなくなるよう、こういったコルクマットを敷いてあげましょう。もしくはスポンジ製のジョイントマットでも良いですね。弾力性があるものを敷いて上げる事で安心感も増しますね。もっと気をつけたいならクッションをおいておくと良いでしょう。